[CentOS7]Eclipse Lunaの日本語化[Pleiades]


CentOS7上のEclipse Lunaを日本語化します。
日本語化にはPleiades日本語化プラグインを使用します。



前提条件

ここでは、既にCentOS7にEclipseがインストールされている状態での説明です。
CentOSへのEclipse Lunaのインストールについてはこちらに記載しておりますので参照願います。

インストールされている環境

インストールされている環境は以下です

  • Eclipse Lunaインストール先

    /opt/eclipse-4.4.2/

  • Java Version

    Oracle Java8

Pleiades日本語化プラグインのダウンロード

Pleiades日本語化プラグインサイトより安定版(現時点で1.5.0)の、「pleiades_1.5.0.zip」をダウンロードします。

アーカイブの展開と配置

ダウンロードしたファイル「pleiades_1.5.0.zip」を展開し、展開後のディレクトリ「plugins」と「features」を配備します。
配備先は、[Eclipseインストール先]/dropins/MergeDoc/eclipse/です。

$ unzip pleiades_1.5.0.zip
$ sudo mkdir -p /opt/eclipse-4.4.2/dropins/MergeDoc/eclipse
$ sudo mv features /opt/eclipse-4.4.2/dropins/MergeDoc/eclipse/
$ sudo mv plugins /opt/eclipse-4.4.2/dropins/MergeDoc/eclipse/

eclipse.iniへの設定追加

[Eclipseインストール先]/eclipse.iniファイルの末尾に以下の行を追加し、Pleiades日本語化プラグインが有効となる様にします。

・追加する行

-javaagent:/opt/eclipse-4.4.2/dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

これで日本語化の為の設定は完了です。

確認

メニューから実行してみます。

Pleiades日本語化プラグインダウンロード画面

うん。日本語化されています。
うまく日本語化されない場合は、以下の様に -clean を引数に与えてEclipseを起動してみてください

$ /opt/eclipse-4.4.2/eclipse -clean

これできっと日本語化されるはずです