[CentOS]CentOS7最小限のインストールからのGnomeデスクトップ環境構築


CentOS7になり、インストールが随分シンプルになりました。
インストールパッケージの構成も、デフォルトが「最小限のインストール」の為、うっかりするとデスクトップ環境が入らない形でのマルチユーザターゲット(ランレベル3に相当)でインストールされてしまいます。
ここでは、うっかり「最小限のインストール」してしまった環境に対してGnomeデスクトップ環境を構築する為の手順を記載します。



Gnome Desktopのインストール

yumでGnomeデスクトップをグループインストールします
まずはグループ名の確認

$ sudo LANG=C yum grouplist
Loaded plugins: fastestmirror
There is no installed groups file.
Maybe run: yum groups mark convert (see man yum)
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
Available environment groups:
   Minimal Install
   Infrastructure Server
   File and Print Server
   Basic Web Server
   Virtualization Host
   Server with GUI
   GNOME Desktop
   KDE Plasma Workspaces
   Development and Creative Workstation
Available Groups:
   Compatibility Libraries
   Console Internet Tools
   Development Tools
   Graphical Administration Tools
   Legacy UNIX Compatibility
   Scientific Support
   Security Tools
   Smart Card Support
   System Administration Tools
   System Management
Done

ありました。「GNOME Desktop」です。
早速インストールします。

$ sudo LANG=C yum groupinstall "GNOME Desktop"
 :  :  :
 :  :  :
yelp-xsl            noarch              3.8.1-2.el7                 base                      295 k
 zenity             x86_64              3.8.0-4.el7                 base                      3.4 M

Transaction Summary
=====================================================================================================
Install  277 Packages (+661 Dependent packages)

Total download size: 652 M
Installed size: 2.0 G
Is this ok [y/d/N]:

「y」と入力し、パッケージをインストールします。
で、最終的に「Complete!」とでればインストールは完了です。

 :  :  :
 :  :  :
  yelp-libs.x86_64 1:3.8.1-7.el7                        yelp-xsl.noarch 0:3.8.1-2.el7
  zenity.x86_64 0:3.8.0-4.el7

Complete!

Xの起動

リモート接続からではなく端末に直接ログインし、Xを起動します

$ startx

しばらくすると、以下の様な画面が表示されます。
gnome初期設定画面
初回起動時にのみ行う初期設定画面です。言語等を指定していくと、最終的にGnoeデスクトップ画面が表示されます。

ターゲット(ランレベル)の変更

システム起動時にGUIログイン画面になるようにターゲットを変更します。
ターゲットとは、CentOS7以前のランレベルに相当するもので、ランレベル3をランレベル5に変更するような感じです。
現在は、以下の通り「multi-user.target(ランレベル3相当)」になっています

$ sudo systemctl get-default
multi-user.target

これを、以下の様に実行し、「graphical.target(ランレベル5相当)」に変更します

$ sudo systemctl set-default graphical.target
rm '/etc/systemd/system/default.target'
ln -s '/usr/lib/systemd/system/graphical.target' '/etc/systemd/system/default.target'

ちなみに、これまでのランレベルとターゲットの対比は以下で確認できるみたいです

$ sudo ls -al  /lib/systemd/system/runlevel*target
lrwxrwxrwx. 1 root root 15  3月 19 16:51 /lib/systemd/system/runlevel0.target -> poweroff.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 13  3月 19 16:51 /lib/systemd/system/runlevel1.target -> rescue.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 17  3月 19 16:51 /lib/systemd/system/runlevel2.target -> multi-user.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 17  3月 19 16:51 /lib/systemd/system/runlevel3.target -> multi-user.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 17  3月 19 16:51 /lib/systemd/system/runlevel4.target -> multi-user.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 16  3月 19 16:51 /lib/systemd/system/runlevel5.target -> graphical.target
lrwxrwxrwx. 1 root root 13  3月 19 16:51 /lib/systemd/system/runlevel6.target -> reboot.target

再起動

設定は終わりましたので再起動します。
起動後、GUIのログイン画面が表示されれば成功ですが、以下の画面がでる場合があります
CentOS7ライセンス画面
その場合は、ライセンスに同意し、設定の完了をクリックして下さい

ログインすると、メニューからすべて日本語化されていると思います。
Gnomeデスクトップ画面

はい。お疲れ様でした。

あ、ログアウトやシャットダウンは画面右上のユーザ名が表示されてるとこをクリックしてね